葬儀の服装

参列者として失礼のない装いの写真

参列者として失礼のない装い

喪服は、喪に服する人が着るものなので、昔は遺族側の服とされてきましたが、今日では参列者側も着用するのが一般的であるとされています。

なお、バックは光沢や装飾の少ないもので革製のものは避けてできるだけ布製のバックを用意しましょう。ハンカチは白か黒、無地のものが良いでしょう。傘や手袋などを着用する場合はできるだけ地味な色を選びましょう。他には華やかな場を連想させる香水やアクセサリーもつけないようにしましょう。

同じ喪服でも、男性と女性とでは着こなしやルールが違いますのでそれぞれに合った喪服を用意するようにしましょう。

男性の場合は黒色のスーツが基本です。上下揃いの黒色のスーツに黒色のネクタイそして黒い、シャツは白色が良いでしょう。お通夜告別式ともに同様の服装で構いません。

女性の場合も黒色が基本です。一般的には喪服もしくは略礼装で結構です。貴金属や装飾のある靴バックアクセサリー類はできるだけ控えて地味な服装にしましょう。できるだけ動きやすい地味な黒色の喪服を心がけましょう。

普段から準備しておくのも大事です。例えば会社には地味な色のジャケットを常に置いておいても良いでしょう。いざお葬式の知らせが入った際、さっと来て出かけられるようにしておくと困らないでしょう。突然の事態に備え、会社にどっかがあるなら1着地味なジャケットとネクタイをセットで置いておくと便利でしょう。

平服についてですが、平服とは普段着と言う意味ではなく礼服ではなくても良いと言う意味で、カジュアルな装いは失礼にあたります。質素なスーツやブラウス黒谷金グレーなどの無地の服装や清潔感のある服装を選ぶようにしましょう。

子供の服装は、紺色やグレー黒などの落ち着いた色合いの洋服で構いません。制服があれば制服がベストです。制服がない場合でも黒色や紺色のズボンやスカートカーディガンといった地味な装いにしましょう。赤ちゃんもできればカラフルな色は避けてできるだけ地味な服装にしましょう。

スカートは長めに膝下が良いでしょう。タイツは避けるようにしてください。膝上のスカートやタイツは避けて、黒のストッキングを履くようにしてください。アクセサリー類は本来はつけないことが良いとされていますがつける場合はパール程度にとどめてください。

正礼装と略礼装の違いについて。参列する場合は略礼装で構いません。男性はモーニング、女性はえりが詰まった長袖と言う決まりがあるのが正礼装で、これは故人に近い立場の人が着ることが一般的です。略礼装はいわゆる一般的な喪服で、参列者が着るのは略礼装の方です。

腹の素材やデザインについて。レースやサテン、刺繍など控えめなデザインであれば問題ありません。派手で華美に見えるデザインは避けるようにしましょう。

お別れの会等の案内が来て、平服でお越しくださいと言う案内が来た場合、普段着ではなく黒やグレーなどの地味な色のスーツやジャケットワンピースなどを着て参列するようにしてください。くれぐれもカジュアルな普段着のような装いで参列することのないようにしましょう。

和服での参列について。知人のお葬式などに和服で参列することを考えている場合、特に問題はないでしょう。地味な色で無地で、くれぐれも遺族より格式が高くならないように気をつけましょう。

防寒服コートについて。コートの色は黒色が良いですが、黒色のコートがなければ紺色やグレーなどの地味な色のコートにしましょう。なおコートは式場の外で脱ぐことが一般的なので、式場内ではそれほどデザインなど気にする必要はないでしょう。

喪服のスカートの長さは、一般的には膝下あたりが適当ですが短いよりは長い方が良いので適度に長さのあるスカートを履くようにしましょう。短すぎるスカートは下品であるため、短くても膝下を意識しましょう。

平伏は普段着ではありません。それは靴も同様に、つま先やかかとが露出するサンダル及びミュール等の靴は適当ではありません。平福と書いてあっても、肌の露出やカジュアルな印象になる服装は避けるようにしましょう。

こういった喪服と呼ばれる服装は、物色にかかわらず神式やキリスト教式でも同様の考えで構いません。なお、カトリックの場合は女性信者が黒いベールつきの帽子をかぶる場合がありますが、信者でなければその必要はありません。

ワンピースの場合、肌の露出が増えてしまいがちなので、夏の暑い時期は薄手の上着や、袖のあるブラウスなどを組み合わせても良いでしょう。ノースリーブの喪服の場合も同様にできるだけ肌の露出を隠す工夫をしましょう。

結婚指輪や時計などのアクセサリーはつけていて構いません。通常アクセサリーは避けるべきものですが、結婚指輪はつけたままで問題ありません。

時計は派手なものやカラフルなベルトは避けて、黒もしくはシルバーのベルトが良いでしょう。大きな宝石のついた婚約指輪などは一旦外した方が良いでしょう。その他、サングラスや派手な色のメガネは可能な限りつけないようにしましょう。

女性のヘアアクセサリーは、地味なデザインで地味な色のものを選びましょう。また、髪の毛が長い場合お焼香の邪魔になることがあるので後ろ側にまとめておきましょう。バレッタやクリップ等を使う場合は黒金などの地味な色合いで飾りのないもの使ってください。

東京でのお葬式を中心に関東一円でサービスを提供する葬儀社はこちら
東京の葬儀社グランドセレモニー